バナー

 トップページ

 議員団紹介
遠藤よしのり
小林あき子
佐藤せいじ
雪田きよみ

 トピックス
 政策 見解

  議会報告


 リンク

  
  
  
 
 
 
 

 

議員紹介


遠藤 義法


 地域新聞「ばおばぶニュース」を発行しています。

  224(2019年9月号) 1−4面 2−3面
  223(2019年8月号) 1−4面 2−3面
  222(2019年7月号) 1−4面 2−3面
  221(2019年4月号) 1−2面
  220(2019年3月号) 1−4面 2−3面
  219(2019年1月号) 1−4面  2−3面
  218(2018年12月号) 1−4面  2−3面
  217(2018年11月号) 1−4面  2−3面
  216(2018年9月号) 表・裏面
  215(2018年8月号) 表面 裏面
  214(2018年6月号) 1−4面  2−3面
  213(2018年5月号) 1−4面  2−3面
  212(2018年4月号) 1−4面  2−3面 
  211(2018年3月号) 1−4面  2−3面
  210(2018年1月号) 1−4面  2−3面
  209(2017年11.12月号) 1−4面  2−3面
  205(2017年4月号) 1−4面  2−3面
  204 (2017年1月号)  1面 2面 3面 
  203 (2016年12月号)  1面 2面
  202(2016年10月号) 1面 2面 3面 4面 5面 6面

   
2017年3月5日 吉川松伏地域総行動 関公園で開催
    
   
市議団も参加
    
   
3月5日 みんなで育てたサケの稚魚放流 利根川へ
      

  2016年12月議会の一般質問
    保育所待機児童ゼロは実施可能か
  平成29年度は保育所待機児童ゼロをめざしているが達成可能か。 園庭など保育環境は確保
  されているか質問しました。
  健康福祉部長は、小規模保育所の37人定員増加を見込んでいるが、目標達成は厳しい状況で
 ある。小規模保育所は園庭の確保を義務付けていないが、代替公園などを活用していると答弁
 しました。
    
吉川松伏医師会との信頼回復は
  吉川松伏医師会との信頼関係が失われ、市の保健事業などに少なからず影響を及ぼしている が、その要因と市長の認識、教訓について問いました。
  市長は、保健事業に影響を及ぼしていること、要因について「どういう意味で言っているの かわからない」と述べながら、健康と安全を守るということで一生懸命力を尽していきたいと 答弁。
    
市民の要望に応えた 公共交通網の整備を
  公共交通の施策実施を望む声にどう応えるのか質問しました。
  市長は、市民の意見の受けとめは十分できている。改めて協議会を設置しなくとも、近々事 業方向を提示し、来年度には試行を行って、その中でご意見をいただくとの見解でした。
  遠藤議員は、市が単独で実施するのでなく、専門家やタクシー・バス事業所が入った話し合 う場を設けることで住民ニーズにあった持続可能な事業になるのではと訴えました。

    
汚染残土の処理は 原発に反対を
  福島原発事故後の汚染残土は学校等に埋設保管しているが、このまま放置できないと対応策 を求めました。
  市民生活部長は、フレコンバックは外部と遮断しているので問題はない。今後も国の動向を 注視し、近隣自治体と協力して処分方法の早期明示を要望していくとの見解でした。
  市長は、エネルギー政策の転換が必要であると感じている。再生エネルギーに対しても基礎 自治体としてチャレンジしていかなければならないとの考えを示しました。


  200(16年6・7月号) 1・4面  2・3面
  199(16年4月号) 1・4面  2・3面
  198(16年2月号) 1・4面  2・3面
  197(16年1月号) 1・4面  2・3面

  196(15年11月号)1・4面  2・3面
  195(15年10月号)1・2面
  194(15年9月号)1・2面
  193(15年8・9月号)1・4面  2・3面
  192(15年7月号)2・3面  1・4面
  191(15年5月号)1・4面  2・3面
  190(15年3月号)1・4面  2・3面
  189(15年1月号)1・4面  2・3面
  188(14年12月号)1・4面  2・3面
  187(14年12月号)1・4面  2・3面
  186(14年11月号)1・4面  2・3面
  185(14年10月号)1・4面  2・3面
  184(14年8・9月号)1・4面  2・3面
  183(14年7月号)1・4面  2・3面
  182(14年6月号)1・4面  2・3面
  181(14年4・5月号)1・4面  2・3面
  180(14年3月号)1・4面  2・3面
  179(14年2月号) 
  178 1・4面
  2・3面
  177 1・4面  2・3面




    筑波山に孫たちと登りました。 ロープウェイで  1月2日





 12月14日 吉川団地とおあしすの2ヵ所でサケの卵を頒布しました



  12月末から次々とふ化しはじめて、今年になってほとんど元気な姿で泳いでいます 

フクシマの原発事故後避難地域の6号線を私と同郷の友人が5月連休に許可を
得て通行した。その時の写真をいただいた






 ●江戸川土手の菜の花



 ●3月2日 サケの稚魚を放流してきました。





  地域や議会での取り組み、みなさんから寄せられた声
  など身近な話題を掲載しています。



 1月19日  吉川団地自治会の新春餅つきに参加しました


  9・10月号は9月議会報告です。
    一般質問  @ 気軽に外出できる交通網の整備
          A 水道水フロリデーションは中止を
       ТPP交渉から脱退を市長は表明をと汚染水対策に


  サケの稚魚を育てて放流しましょう

 
川をきれいにしようと始まったサケの稚魚を育てて放流する運動。27〜8年前に参加、以後毎年福島県楢葉町の漁業協同組合から卵を分けていただいて頒布
していました。しかし、福島第一原発のすぐそばを流れていた木戸川は3.11で汚染にまみれてしまいました。
 2011年は卵の頒布は無理かとあきらめかけていたところ、久慈川漁業組合から卵を分けていただくことになり、現在も継続しています。



  サケ稚魚の放流は 2014年3月2日(日)の予定です。

   あたりまえのくらし  民意を反映した施策を


   
                     ばおばぶ 171号から

 ごく普通に生活ができ、あたりまえの暮しができれば!
と高齢者。
あたりまえのくらしって?

 寝るところがあり、贅沢でなくともご飯が食べられ、家族や友がいてお茶飲み話ができ、仕事ができる人は仕事につけ、穏やかに暮らせる・・・・。

 「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」があると憲法に規定されています。そのために国民が政府を縛るものだと

 経済成長と効率だけが追及され、置いていかれる高齢者と障がいを持つ方、若い人たち

 沖縄をはじめ、米軍基地の騒音と振動、危険な生活と不安。大型トラックの振動に悩まされる住民

 3・11以降 津波と原発事故によって避難所生活を余儀なくされ、不自由なくらしと復興の目途がたたないいらだち。原発再稼働と輸出

 民意に背いた施策をとりつづけ、ごまかしと偽りの政治に対し、国民の不信感と怒りが募っています

 私たち日本共産党は、あたりまえの暮しができる社会、国民の声が反映される政治をと地域に根ざして活動しています。「ばおばぶ」の木のように



 プロフィール

●市議団幹事長 
●1951年福島県相馬郡鹿島町生れ(現南相馬市)
●日本電子工学院専門学校中退 エンタープライズメンテナンス葛ホ務後、
 町議会議員、市議会議員9期
●吉川団地自治会役員、吉川団地保育園役員など歴任
●吉川団地在住



   342-0050 埼玉県吉川市栄町1444−5
      電話:048-981-5160 ファックス:048-981-1922