バナー

 トップページ

 議員団紹介
遠藤よしのり
小林あき子
佐藤せいじ
雪田きよみ

 トピックス
 政策 見解

  議会報告


 リンク

  
  
  
 
 
 
 

 

議員団紹介


雪田 きよみ




  つわぶき便りを発行

    bR  2016年4月号     1−4ページ   2−3ページ
    bS  2016年5月号     1−4ページ   2−3ページ
    bT  2016年6月号      1−4ページ   2−3ページ
      bU  2016年7月号     1−4ページ   2−3ページ
      bV  2016年8月号     1−4ページ   2−3ページ
      bW  2016年9月号     1−4ページ   2−3ページ

      9  2016年10月号   1−4ページ   2−3ページ
      10 2016年11月号   1−4ページ   2−3ページ

     12 2017年 2月号    1−4ページ  2−3ページ
      18 2017年 9月議会  1−4ページ  2−3ページ

       25 2018年 9月議会  1−4ページ  2−3ページ
       26 2018年 11月号  1・2・3・4ページ  

      2018年9月議会の一般質問

  市民から徴収した税金は、住民の福祉の向上のために遣うべき

  中原市長が参加する「教育再生首長会議」で「日本教科書(株)」は、文科省 が禁じている教科書検定期間中の宣伝活動を不正に行いました。この会議に、市 長が公費を遣って出席することへの市長の認識を問いました。
  中原市長は、不正かどうかを答える立場にない。会議の方に聞いてほしいと答 えました。
  しかし、不正な行為が行われるような会議に市長が出席していること自体、問 題です。また政策室長は、市長が参加する会議への公費投入の可否判断基準を、 「有益性の有無」と以前答弁されました。不正な宣伝行為を行う会議を有益と判 断する根拠について、質問しました。
  政策室長は、首長会議は教育に関する国の動向等が得られる貴重な機会であり 有益性があると判断していると答弁しました。
  「教育再生首長会議」の年会費の中から毎年半分以上のお金が、歴史認識に問 題があり「日本会議」とも関連の深い「育鵬社」の教科書の採択を目指す「日本 教育再生機構」に支払われていました。税金が正しくない遣われ方をしています 。そのような会議への参加が本当に有益なのか、市の認識を問いました。
  政策室長は、予算の使われ方はそれぞれの団体の判断だと思っていると答弁し ました。
  税金がどのように遣われているかは、重要な問題です。税金は市民の福祉の向 上のために遣われるべきでものです。吉川市長が不正行為を行う会議に公費で参 加し、その会議から誤った歴史認識を広げようとする団体にお金が支払われ、市 民の税金が正しく使われていないという事実は重大な問題です。



プロフィール


  1960年愛知県生まれ

  国立名古屋病院付属看護学校卒

  東京、埼玉で20年間、訪問看護ステーションに勤務

  家族 夫と息子2人

  趣味 登山、写真、読書

  きよみ野在住

   342-0050 埼玉県吉川市栄町1444−5
電話:048-981-5160 ファックス:048-981-1922